もう夏も終わりです。

飲食店4人&赤ちゃんでタイのチェンマイにいき
夏休みはこども達と東北の旅に出ました。
花火大会は屋上でみんなで美味しいものを食べながら見て、
夏の最後は「River」という夏の贅沢がみっちり詰まったイベントで締めました。
ch8ch10ch13ch11
暑いのも、虫も、プールや海も嫌いなのに
夏は終わってみると楽しい思い出がいっぱい。sendai3sendai2
そして今日
私の親友がお店を閉めます。
Sunny Side Kitchen
https://www.facebook.com/2010.sunny/

ちょうど2年くらい前、オカエリ。喫茶室の閉店作業をしていたら、この男はふらっとやってきて、スープセットを注文しました。
スープを口に運ぶスプーンがなかなか進まず、まだ仲良くもなかったので「口に合わないのか?」と若干不安な気分にさせられたのでよく覚えているのですが、単なる超猫舌だった。

私のほうが5歳も年上なのだけれど、いつの間にか大の仲良し。
女世界が苦手な私にとって、脳みそを使わずに会話できる人間が現れたことが嬉しかった。
そして飲食スイッチがONの私は、こいつに負けたくないと思った。
p4
お互い当時はいろいろなことを片付けたり乗り越えたりしなくてはいけない時期で
支えあうというより、相手を見ていてがんばれていた。

まだ子供たちと暮らすことを許されなかった時だったので
私の週末は大工町で一人唐揚げ&ハイボール。
いつの間にかそこで語り合う相手ができた。
p3
そんな私の大事な友は、Sunny Side Kitchenを閉め、わざわざ買いに行くパン屋スタイルから、日常のパン屋に今挑戦し、またドイツに修行に出る。
自由に生きているようだけれど、これは大変な挑戦。
楽じゃない道を選んでるけれど、将来勝つのはこういう人間なことも知ってる。
p
ただなんだか、置いていかれるようで悔しくて寂しい。

かけるとミジンコみたいな目になってしまうメガネにノーメイク。
羊毛スイッチが入っている私は完全なる腐女子(本当の使い方は干物女というらしい)で、そんな姿を平気で見せられる貴重な友だった。
p1
ドイツのパン職人に紛れて、ドイツのパンのコンクールに挑戦し、最終選考でアジア人ということで落とされていた。
推薦状を書いてくれたドイツ人の輸入食材会社社長が言っていたのだから、これが現実なのだと思う。
そんな人種差別のある世界にわざわざ飛び込むこの根性。なかなか難しい。

もしよかったら、ひとつの区切りをつける最後の営業に行ってみてください。
私も水戸の営業が終わったら、花束なんていらないだろうから、お寿司を持っていこうと思います。

日本人の噂好きは国民性なのかもしれませんが
よーく本当なのかを考えてみると
本当じゃないことって分かるはずなんです。

この田舎町の一般市民の私でさえ
不倫してるんじゃないか。
いろいろな男にアプローチしてるらしい。
私の彼にもアプローチしてきた。
そして、今のパン屋は私のモーションにひっかかったと。
モーションって・・・?笑

裏返して考えると
私があちこちにモーションをかけているのに、ひっかかったのはパン屋一人だけですか?笑

41にしてそんな噂をしてもらえるほど魔性で魅力的なのかなと、嫌な感じではないのですが、
私は暇じゃありません。
もし狙ったらNOアプローチ即勝負です。

ただ1コだけ。
子供のことを放置して自分のことばかりしているらしい。とも言われています。
これは、ひっかかる単語はありますが、ほぼ事実です、笑

でもそこには、結婚していた時から私が男になって働かなくては家族が成り立たなかった事実と、とにかくここに書けない言えない、たくさんのこと。
外から必要とされることに対する動き。これは私が将来ひとりで生計を立てていく、生きるために平行線でやっていかないといけない大切なことだという気持ちは変わりません。
ボケたら施設に入れてもらう資金も準備しないと。
こどもに迷惑かけずに生きたいです。

養育費ゼロ、長女の東京生活費用、下3人の子育てにかかる費用も一人でやっている訳ですから、男のように働かなくてはいけない現状はあります。

でも今、そんな男な私ですが、子供たちのための時間、家事、未熟ママですが悪戦苦闘しながらがんばっています。掃除は適当ですが、ごはんだけはしっかり愛を込めて作っています。

なにが言いたかったというと
小林麻耶ちゃんは妹さんが亡くなった時に
海老蔵との関係をあることないこと言われていたんだなと。
デリカシーのなさと、噂好きの日本人の悲しさと、
それによってその人の人生を変えることになっても平気なのかという思い。

噂は噂でしかありません。
言う人を信じないし、嫌いになってしまいます。
噂が日本人の娯楽にならないことを願うばかり。

フランスのパリで出会ったたくさんの素敵な女性たちは言っていました。
人がどんな生き方をしていても誰もなにも言わないのがフランスだと。

誰かの人生はその人のものです。
無責任に発言する日本人がいつかフランス人のようになれますように。
ああ、Motokoさんに会いたいな。0

梅雨明けしたと思ったら、突然のスコール。
洗濯物を干した労力と時間が全部無駄になり
取り込んでいるびちょびちょの洗濯物の重みが一層シュールな気分にさせます。
途端に空はスカーっと晴れてきて
ガーン。

こども達が起きる前の早朝に
屋上やお店でコーヒーを飲む時間が好きです。
一日の中で唯一「考え事」をする時間。

考え事をする時間て多ければ多いほど悩みは増えるので
私には短くてちょうどいい。
考えて行動するより、行動しながら考えて、うまくいかないことは多いのですが、力ずくで軌道修正するのが性に合う。

若い時は
先生に怒られたり、自分の悪口を聞いたりしただけで
ドーンとしばらく落ち込んだものです。
美容室で変な髪形にされた時など、
明日からどうやって生きていけばいいのかと、人生終わった感がありました。

そんな、本当は「ちょっとした事」なのにそう思えないのが若さ。
サラっと流せず、ポイっと捨てられず、
真っすぐ受け止めてしまう、若さゆえの素直さは美しくもあるのだけれど、子供たちが悩み苦しんでいる姿を見ることは、親としてはちょっと苦しいものです。

そんな訳で、親ばかですが、東京の娘に会いに行ってしまいました。
バイト前の30分くらい話をして、こっそりバイト先にいき働いている姿をみて
高速バスで帰ってきました。
たったこれだけだけれど、なんというか、安心しました。
1t
さて、今回の台湾3日間。
エアーとホテルで2万円。
LCCはいいとして、ホテルの8階の部屋は窓ガラスが全面割れていてビニールテープでとめられ、シャワーは突然水に変わり、覚悟していたとはいえ期待を裏切らないシュールな部屋。
激安なのになぜか朝食付き。予想通りの激マズ味。
残り物はこのバケツに入れてくれという黒いバケツが置いてありました。1r
今回は台北市内の調理器具問屋や食材の市場
それ以外は電車に乗り郊外に出て、田舎町をまわりました。
とにかく歩いて、歩いて。1b
アジアの活気はやはりすごいです。
別に落ち込んでいた訳じゃないけれど、元気をいっぱいもらいました。
食べ物も安くて美味しくて、人がすごく優しい。1s近くて日本語が通じる国とはいえ
欲していた冒険心を満たしてくれました。1uフランスの、背筋の伸びる緊張感もいいし
アジアの、チープな旅も面白い。
疲れたら旅が一番。1z
さて、間もなく出発。
チェンマイの山岳地方のカレン族にもう一度会いにいってきます。
スーツケースの中は、染める羊毛。
染めと織をしっかり学んできます。

SAZA COFFEEの展示が始まっています。
作品は完売となりましたが最終日まで展示させていただいています。
33700747_1718385068255401_5299434011934851072_n33851532_1718385248255383_204177874758926336_n
なんというか、当たり前だと思ってはいけないというか。
自分が作ったものを欲しいと思ってくださる方がいてくれることは、絶対当たり前じゃなくて、本当にありがたくて感謝しかないです。
ありがとうございました。33895750_1719466834813891_972997769729933312_n33849822_1719469491480292_3037204265308258304_n33892371_1719469698146938_1370938403943612416_nアジアの朝屋台も雨雲にドキドキでしたが、なんとかお天気も大丈夫で、たくさんのお客さまにご来場いただきました。ありがとうございました。
楽しくて仕方ないイベントで、結局準備の時に写真は撮りましたが開催中はバタバタしたり遊んだりしてしまい、画像を残すという部分がスッポリ抜けてしまいました。33786402_1719466871480554_3645334491544682496_n34016905_1719466914813883_390181324821889024_n33846063_1719469774813597_6038240731275984896_n今回もご飯を作ってあげたり、ビール1杯ご馳走するだけで、気持ちよく手伝ってくれる友人たちに大感謝です。33992944_1719469548146953_5153018078598004736_n33990865_1719469791480262_438748351148589056_nパン屋にパン窯が入り、パン作りを横目に料理の仕込みをして、お客さまのいらっしゃる時間帯にどんどん焼きあがります。33901965_1719627791464462_6581931046319685632_nそんなパン職人の仕事を見ながら負けじと料理しています。
私も頑固なので、クビになってもいいと(ここは私の店だから本当は困るんだけれど)意見をガツンとぶつけ思いっきり体当たりしますが、喜怒哀楽が激しくない職人なので「ぬりかべ」のように静かに吸収されて終わる感じで、ケンカにはならず、いろいろな国を命がけで一人旅をしてきた人間には、見せかけの強さや、中身のない意見を言ってもダメで、仕事で勝負するしかないと思い、いい仕事をしたいと心がける毎日。
33835322_1719469661480275_6731848103852244992_nどんなにぶつかっても仕事後は子供たちも一緒に、合宿所の食堂のように店内でワイワイと賄い(夕食)を食べます。
ネチネチが大嫌いな私にはちょうどいいのですが、とにかく食べるので、米は買いなさい、かつ食費1食500円を請求。ケチで結構。33943761_1719633924797182_3777250404836835328_n長女も東京に出て、がんばっています。
毎月アパート代を振り込むのがやっとですが、アルバイトをしながらも製パン製菓の勉強をがんばっているので、2年間はお母さんもがんばるし、それが働く力になります。
だから、海外で出展をしていくことは費用対効果を考えると今はちょっと難しくなってきましたが、なんとなく今は、こどもの為に自分のいろいろを注ぐ時期で、それをしないと後から後悔する気がするのです。
私はこの1年、だいぶ自由にしてきましたから、それは親として当たり前で自然な気持ちです。
できる範囲で自分の人生の積み重ねも続けていきますので、海外に行けるときは行き、遊べる時には思いっきり遊びます。33965310_1719641638129744_8776879756592283648_nということで、長男の協力を得て、早速数日後に台湾に仕事で発ちます。33897371_1719641764796398_7569562516951400448_n3度目の台湾で、初めて行ったときに宿泊したホテルが、どういう訳か浴槽に正座しながら片手でシャワーを持ちシャンプーしなくてはいけないようなホテルで、もう二度と泊まりたくないと思ったのですが、今回またそこです、笑
2泊3日で19800円のフリーツアーですから、真夜中のドイツフランス国境でのシュールな夜を思うと、お布団で寝れるだけで十分。33993694_1719469398146968_919624881157439488_n羊毛に触れている時間、製作している時間は幸せのひと時だと思います。
ただやっぱり私は飲食の仕事が好きで、抜けられないし辞められないことを、休業に入りしみじみ実感しました。33869307_1719469494813625_9216305724731162624_n今度のオカエリ。喫茶室のテーマも決まっています。
パン屋さんのお客さまも私にとっては大切で、経費も分担できるというメリットもあり、Backerei Einfachも続けてもらい、オカエリ。喫茶室はオープン当時の小さな規模で10月から再開。
夢に向かって少しずつ動いているので、ずっと続けることはできませんが、
大切な私のお店を、またしばらく、よろしくお願いいたします。34071667_1719638158130092_3857748305396105216_n

私の中で、ちょっとした変化がありました。
それはとても幸せなことで、でも毎日が忙しくて。
そして世の中の「お母さん」て本当に大変で素晴らしいなと今更ながら思うこと。
2こども達と暮らせることになりました。ちゃんと、毎日。
毎朝朝食を作って、毎晩夕食を作って、時にはお弁当もある。
部活の時は、朝も早くて場所によっては送迎。
洗濯物も一気に増えたし、掃除もマメにやらないと素敵に暮らせない。
「お母さん」たちが当たり前にやっているこのことを
私は今、必死でやっています、笑30825838_1683150095112232_1279733262_o30825442_1683150101778898_2059268093_o私はこの2年間、
言うならば家を出なくてはいけなくなって、廃墟のような店の2階にまず入り
その後全室改装。それでも子供達の環境によくないと父親に言われて引き取ることができず
仕事、仕事、仕事と、家庭を省みない父親のように働きながら
心の穴を、そんなことで必死に埋めて
いつの間にか、男のように生きていました。30594609_10213038296206141_6792260013638245037_n30784439_1683150145112227_931952635_n毎日家族の為に料理をすることがこんなに幸せなんだな・・・とか
子供の洗濯物を干したりたたむのって、こんなに幸せなんだな・・・とか。

ここには書くことができない、いろんなことがありました。
でも、ひとつひとつにちゃんと向き合い、一個一個乗り越えることが大事なんだと実感します。

そんな久々にお母さん業にバタバタとしている私ですが
5人中、ひとりはもう独立し、ひとりは東京で学生生活。
下3人も手はかからないし、
仕事も作家業も、どちらもやっぱりがんばれそうです。
むしろ、今のほうが充実しているからか、気持ちが楽です。
31023823_1683173215109920_809948216_oパン屋のほうも仕事は充実していて
5月にパン窯も入り、Backerei Einfachもますます充実したお店になりそうです。

先日、パリでお世話になった坂巻さんが日本に戻られたので
数時間ではありますが、一緒に街を歩いてお茶と甘いものを食べました。
なんともいえない心地よい時間で、フランスでの毎日がジワジワと身体の中に蘇ってきます。
坂巻さんが大好き。
またパリに行きます。展示にも挑戦します。
こども達にもあの世界を見せてあげたい。23380163_1514183202008923_3106251402498447277_nそんなお母さん業1年生に戻ったような私ですが
ありがたいことに作家としても活動を続けさせていただける機会にも恵まれ
イベント運営やプロデュースのお話もいただき
これにも全力で取り組みたいと思っています。

まずは今週末の「あおぞらクラフトいち」
このイベントは私が震災直後、たった1ヶ月間趣味で始めただけだった羊毛を
「羊毛作家 ウエダマリコ」という名刺を手に、初めて出店したイベントでした。
初心を忘れたくない、そんな気持ちで、今年は28日の1日だけ
これまた大好きなハンコ作家モリタアキコと一緒に出ることになりました。
30127463_1663596970400878_3229653494914875392_nそして5月13日(日)8時~は
「アジアの朝屋台」というイベントを開催します。
毎年秋に開催している「世界の朝ごはん」のミニバージョン。
その分濃くて面白いものに仕上げてきます。
オカエリ。喫茶室としても出店し、4度訪れたタイの朝屋台を再現したいと思っています。29432634_1648421178585124_1246828447683051520_n5月末にはひたちなか市のSAZA COFFEE本店ギャラリーでのグループ展です。
今年も今まで作ったことがない世界の民族衣装に挑戦してみたいと思います。

私のまわりには、世界中をリュックひとつで今も旅していたり、昔旅したことがあったり、
苦労はそれぞれしていても、前へ前へと進もうとする
そんな人間がたくさん。
みんなに共通していることは、人のせいにしたり、悪口を言わないこと。
ま、それだけ自分を楽しんでいる人たちなので、他人に興味がないだけなのかもしれないけれど
みんなみんな「いい奴」です。30850358_1683173208443254_266591891_o30922058_1683173191776589_759091440_oこども達ともすごく仲良しの私の仲間。
たくさんの「面白い大人」を見て、自分の人生、見つけていってほしいです。