夜、忘れ物を取りにWHISKY SHOPに行くと
BAR営業をやっているにも関わらず
お客さまはぜんぜんいなくって、
いきなりのマリコ登場に、パソコン前でドタバタと焦るシゲ。

イラ・・・。

シゲくん。
めちゃコミックが読みたいならウイスキー屋さん辞めなさい。
ウイスキー屋さん続けたいなら、めちゃコミック読むのをやめて真面目に仕事しなさい。
めちゃ
これが昨年秋までのパターンでした。

11月、鬼のマリコは
すっかすかで汚いウイスキーの棚を無理やり撤去し
NEUTRALの大木さんに床を貼ってほしいとお願いに行きました。

店が狭くなるだとか、
棚がないと困るだとか、
自分の時間が全くないほど俺はがんばってると訴えるめちゃコミックファンは
意味のない猛反撃に出ておりましたが
鬼の無言のにらみにはかなわず。

そんなシゲさんの予想を超えて
ウイスキーを愉しむ部屋をイメージしプチ改装したWHISKY SHOPは
とても素敵になりました。WHISKYお酒に関しては勉強熱心で知識も豊富。
20年以上ウイスキーを愛し続け、学び続ける志は
私も尊敬しています。

改装後は年末ということもあって
お客さまが少しずつ足を運んでくださるようになり
今では鬼の目を盗んでめちゃコミックを読むことは(多分)なく
楽しそうに夜営業をするようになりました。

そしてWHISKY SHOPは
夜営業自体は1年以上前からやってはおりましたが
スコットランドのお料理も交えて
1月16日からリニューアルオープンです。

OPEN 月~土曜日 18:00~24:00
      PUB time 18:00~21:00 lounge time 21:00~24:00

私は基本、ご予約がない月曜日と火曜日はいません。
でも、お料理の仕込みはしていきます。

オカエリ。喫茶室は今までと変わらずですが
せっかくWHISKY SHOPが24:00までやっていますので
喫茶室側も夜にお茶やケーキをゆっくりとお召し上がりいただけます。

2016年のシゲさん
WHISKY SHOPの店内がとても心地よさそう。

新しいWHISKY SHOPをどうぞよろしくお願いいたします。
shige画像

明けましておめでとうございます。

クリスマス・イヴがオカエリ。喫茶室2015年「ごはんの日」の最終日でした。
終了後はお店で、家族や友人とともにクリスマスパーティー。
ケーキは千波湖畔にあるBAKESHOP LOTERIEの贅沢3種類。
ku
26日に喫茶室の営業を終え、その夜はさんざんワインを飲み
次の日から大掃除に励みました。
DSCF7143制作中は片つけられずに羊毛に埋もれている作業場も
きれいに見えないかもしれないのですが
私的には美しくなりました。DSCF7137でも、一番喜んでいるのは
ハルが3年前の夏祭りでもらってきたデカきんぎょ達。
DSCF7133汚家の中の汚水で
よくがんばった。

元旦はお店を開けて
たくさんの方と新年のご挨拶をしました。

今も親からお年玉をもらうダメ人間ですが
今年もがんばろうと清々しくスタートした2016年です。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
DSCF7118

北海道に行ってきました。
DSC_0104(1)久しぶりの札幌は
相変わらずの美しいイルミネーションと、ツンとする冬のにおい。

私の生まれた場所です。
DSC_0133大好きで仕方ない祖父母の家で
言葉に言い表すことのできない安心感に包まれ
猛烈に突っ走っていた何かが急に速度を弱めはじめた気がしました。

そして立ち止まってみて気付いたことは
間違っていたかもしれないということ。
強くなりたいと思いすぎて、大事なことを見失っていたかもしれないということ。

泳ぎ続けないと窒息してしまうマグロみたいになっていました。

でもはたして私は、この生き方を変えられるのかな。
いろいろ反省して、結構凹んで、心入れ替えますと思っても
いつの間にか、またマグロ。

そして誰にも釣られたくない。

そうそう、シゲさん、キッシュ生地がとても上手になりました。
クリスマスツリーも、こども達が飾ってくれてキレイです。
DSCF7059

あっという間に12月です。

不思議と愛されキャラのシゲさんに、
私は最近料理を教えています。

キッシュ作りも少し前からはじまりました。

まだ生地の段階なのですが、
私の言うとおりにやりたくないらしく
「俺流アレンジ」をして失敗を繰り返します。

噛みつきたくなる。

失敗の言い訳は
「俺流アレンジ」の細かい説明なので
頭にくるのを通り越して、
シゲさんに敗北を感じる今日この頃です。
DSCF6997

肌寒い雨降りの今夜は
ほんのちょっとのノスタルジックな気分に誘われ
少しだけ過去のことを書いてみようと思います。

フランスかぶれだった24歳の時。
働いていた表参道のCafe des presのようなお店がしたくて、
芝公園クレッセントで修行を積んだフランス料理人と共に開業しました。
LA MALMAISON
経験も浅く、若く、根性もなかった私に、うまく経営などしていけるはずがありません。
常連さんもついてきた2年目に閉店。

なぜあの時もっと踏ん張ることができなかったのだろう。
今でもそう思いますが、当時の私を思うと「あなたはまだまだその程度」

2016年1月16日、WHISKY SHOPはWHISKYを堪能するPUBスタイルのお店としてに再スタートします。
DSCF6931
今の私がしなくてはいけないことは、
これからお店を軌道に乗せて行く為のしっかりとした事業計画。

リニューアルオープンまでの約2ヶ月間で、フランス料理時代に学んだことを復習し
料理の練習に励もうと思います。

やれることをひとつひとつ丁寧にクリアしていけば、
必ず前に進んでいるはず。

子供たち、母のこれからの姿を見ていてください。

愚痴も言います。
弱音も吐きます。
でもわたし、成長します。